前へ
次へ

運用による利益を得る土地活用とは

土地活用の方法として売買による利益を得ていく方法があります。
国内では地価が安定してしまって数年では大きな変化を期待できない地域が多くなっているものの、世界的に見れば一年で地価が二倍になるような大きな変動を起こしている地域も少なくありません。
新しい土地を購入して地価が上がった時点で売却するという考え方は特に発展途上国のように地価が上がりやすいところでは有効な方法で、成功すれば資産を倍加させていくことも可能です。
しかし、予想していたように地価が上がらないと仲介手数料などの諸費用によって損失を生んでしまうリスクもあります。
特に海外を対象とした場合には為替リスクもあるので慎重になる必要があるでしょう。
ただ、土地活用の方法の中ではハイリスクハイリターンという点で、投資家にとっては魅力がある選択肢です。
資産形成を考えるなら経済的な変化をよく把握した上で成功できるようにこのような土地活用にも取り組んでいきましょう。

Page Top