前へ
次へ

土地活用としてアパート経営に乗り出すコツ

今からちょうど5年前に団塊の世代が全員65歳以上となり、会社を退職しています。
その時に一人あたり数千万円という莫大な退職金を手にしています。
それらの退職金は今でも銀行に眠っていることが多いのです。
ところがここに一つ大きな問題があります。
それは日本の金利政策で、銀行金利がゼロであるということです。
銀行に大金を預けておいても、お金が全く増えないということになってしまいます。
銀行にお金を預けておけばそれで安全ですから、それはそれで価値があります。
ですが心配なのは今後の流れではないでしょうか。
銀行ではお金を預けている人たちから手数料を徴収することを考えているようです。
これは政府主導で考えられている政策です。
経済をインフレにするためにこのような政策が考案されたのです。
それが名高いマイナス金利政策です。
銀行がマイナス金利を導入すれば、もはや銀行にお金を預ける人たちはいなくなるのではないでしょうか。
高齢者が現時点で困っているのは、毎月決まった収入がないということです。
毎月安定した収入を得るためには、土地活用としてアパート経営などをして家賃を稼ぐしか道がありません。

ダイナミックな造形美をお届け
最高の美術品が揃うギャラリー双鶴に足をお運びください

語学力をアップさせたい方はマーベリック英会話へお越しください

https://asia-office.jp/
オフィスエイジアの在籍会社は、法人登記されホームページも完備して実在する会社ですのでご安心ください。ご依頼はこちらから

物故作家作品に強い買取店
お持ちの絵ぜひ東京のギャラリー双鶴にお持ちよりください

アパート経営やマンション経営は土地活用の一つのやり方です。
土地は更地で持っているだけでは毎年年末に固定資産税を徴収されるだけの厄介者です。
その土地の上に居住用の建物を建設すると状況が一変します。
税金対策となるのです。
更地に居住用の建物を建設するだけで固定資産税が1/6にまでに軽減されます。
それから首都圏にお住まいの人たちでは都市計画税というものを徴収されますが、この都市計画税も半額になってしまうのです。
そういうわけで今の高齢者達は土地活用に大きな注目をしています。
高齢者が土地活用でアパート経営をするとして、問題な点は何でしょうか。
それは自分でアパートの掃除をしたり家賃を徴収したりすることではないでしょうか。
これについても心配は要りません。
賃貸住宅の管理会社にすべてを委託すれば良いのです。
オーナーがしなければならないことは、毎月自分の貯金の残高をチェックすることだけです。
これは楽ですね。

Page Top